太陽光発電のメリット・デメリット

確実に安く導入する方法がわかります

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電を導入するにあたってメリット・デメリットは一体どんなものがあるのでしょうか?
太陽光発電のシステムや金銭的な情報を検証しつつ、紹介していきます。

 

太陽光発電のメリット・デメリット

自然再生可能エネルギーの代表格である太陽光発電ですが、

その発電源は太陽です。
気の遠くなる未来の話ですので心配はいりませんが、地球に降り注ぐ太陽光放射量は、年々増加する事が確認されています。
太陽も当然寿命がありますが、人類の時間軸で考えると最大の恒久エネルギーである事から、太陽エネルギーの利用は昔から切望されてきました。

 

太陽光パネルを使用した太陽光発電は、まさにその太陽エネルギーを電力に変換する技術なのです。

 

2種類のシリコン半導体を通じて発電される太陽光発電は原価がかからず、容易に電力を生成する上に非常にクリーンです。

  1. 電力を生成しても副産物や二酸化炭素も発生しません。
  2. また世界中のあらゆる地域でも同じ電力を供給します。

しかしながらその素晴らしい電力供給源も、昼間しか授受出来ないというデメリットもあります。
将来蓄電池性能が向上し、昼間の電力を夜間に使用できるようになれば、太陽光発電の魅力は更に向上するでしょう。

 

メリット&デメリット=太陽光発電の特徴!

昼間には電力を発生しますが、夜間には設備は使われません。
現在の太陽光発電設備の価格では、実際には売電が無いと自然に普及する程の魅力が無いという事です。

 

太陽光発電のメリット・デメリット

日本では経産省の施策により、太陽光発電を普及させる方針が明確である為、この売電についての不安を持つ必要はありませんが、出来るだけ早い時期での蓄電池性能の向上が期待されるところです。

(参考)
蓄電池:2012.11月現在の相場感
【6kWhで200万円(1kWhあたりの価格が約33万円)】
※右記の商品はあくまでも参考商品です

 

経済的なところでは補助金や売電制度がある限り、太陽光発電は圧倒的にメリットが多い買い物です。
導入後のメンテナンス次第でその内容は大きく変わってきますが、現在の太陽光発電は非常に耐用年数が長く、丈夫に作られていますので費用対効果は大きいでしょう。

 

太陽光発電のメリット・デメリット

最後に…

1点デメリットがあるとすれば、高い買い物であるという事です。
ある程度の費用がどうしても掛かってしまう為、お金が無い方には導入が難しいという事でしょう。太陽光発電は割賦販売がありますので実際には月々の費用は安く済みますが、やはり高い買い物であるという事は事実でしょう。


スポンサードリンク