太陽光発電のトラブル・リスク

確実に安く導入する方法がわかります

太陽光発電のトラブルやリスク

太陽光発電設置に関してのトラブルと、リスクにはどんなものがあるのでしょうか?
実際に既に起こっている事例を紹介しながら、その内容を精査していきましょう。

 

太陽光発電で発生しているトラブルには、ある程度の傾向がある事が沢山の設置事例から分かってきています。逆に、太陽光発電設備をいかに正しく導入すれば、トラブルが少ないかを証明しています。

 

圧倒的に多い施工上のトラブル!!

太陽光発電のトラブル・リスク

大半の事例は、太陽光発電設備の設置工事会社の知識の欠落、施工の不備によるものです。

これは、背景に消費者が太陽光発電設備を安く導入する為に、太陽光発電の機器と施工を別々に頼んだ事
が起因しています。

 

通常・・・・・
太陽光発電の工事は、メーカーが施工希望会社に研修や勉強会を開催しており、所定のカリキュラムを終了した工事会社を認定する事で、施工品質のばらつきをなくす様にしています。
しかし、消費者側から機材のみの購入要望があった場合、施工会社の強要は出来ない事から、機材を販売しているのですが、設置後になりトラブルが発生しているという状況がある訳です。

 

基本的にはメーカーは認定工事会社での工事を推奨しており、それ以外の工事であった場合は保証対象としない方針を取っていますので、余計にトラブルになった場合に問題が大きくなってしまうのです。

 

太陽光発電の専門会社ではこの様な事は皆無で、専門会社での施工しか認めていませんのでこの様なトラブルは起こらないのですが、購入側にはこの辺りの情報が無く、トラブルのケースを調べると、導入後にこの事を知ったというパターンが圧倒的に多い様です。

 

この事から、この様なトラブルを未然に回避するためには導入検討時に、必ず専門家に相談し、意見を聞いた上で、どうするかを判断した方が良いでしょう。

 

設置後に、施工と関係のないリスクが1点あります。

太陽光発電のトラブル・リスク

パネルの太陽光で反射する光が発端で、周辺の住民から苦情が来るリスクです。

 

俗にいう・・・〔光害〕というやつです。

 

横浜で先日、その裁判の判例が出ましたが、設置者の敗訴となりました。
これも厳密には、導入前にある程度の調査を綿密に実施していれば回避できたトラブルかもしれません。

 

どのケースに関しても共通しているのは、太陽光発電の設置に関して専門家に相談しなかったケースが圧倒的に多いという事です。

太陽光発電は普及してきたとはいえ、そのスピードは急激ですから、こういう状況の場合は、多角的な情報収集が一番安全で且つ安心できる方法だと思います。


スポンサードリンク