太陽光発電の寿命について

確実に安く導入する方法がわかります

太陽光発電の寿命は20年以上!?

太陽光発電の寿命は一体どれ位の物なのでしょうか?
太陽光発電の設備は色々な機器の構成によって出来ていますので、簡単に一言で「何年」とは言えません。それぞれの、大まかな寿命と、その寿命に対する対応等を詳しく紹介していきましょう。

 

太陽光発電の寿命について

まず、太陽光発電設備と言えば太陽光パネルがありますが、

太陽光パネルは基本的に20年耐用出来るように製造されています。

 

最近、法人対象に太陽光パネルのリースを提供する会社が出てきていますが、その会社の実証データによりますと、20年使用経過のパネルの内95%以上のパネルが、規格最大出力の90%以上を確保している・・・という結果が出ているのです。

 

これは今後、更に精度の高いデータを待つ必要がありますが、数百枚以上のパネルの実証結果ですからメーカーの主張する半永久的な使用に耐え得る性能を保持している訳です。

 

システム機器「パワーコンディショナー」は10年の寿命

 

太陽光パネルは屋外で天候の変化や激しい環境変化の中で耐え、性能を発揮する事を要求されてはいますが、基本的に単純な構成の為、壊れにくい性質も持っています。

 

太陽光発電の寿命について

どちらかというと、システムを構成するそれ以外の回路機器の方が寿命は短いでしょう。

パワーコンディショナ等の回路機器は大体10年の寿命と言われています。

太陽光パネルと比較するとその差は10年にもなり、かなり時間的に大きな耐用年数の差があるのです。

 

キーポイントは「メンテナンス」

 

この様なシステムでの機器毎の寿命を長くする為に大事になってくるのがメンテナンスです。
メンテナンスを実施するかしないかでは機器の耐用年数が大幅に変わってきます。

 

基本的に寿命が倍になる事はないですが、
例えば10年しかもたない機器でも部品交換で済んだり、大きな修理を掛ける必要がなくなる・・・等、
その効果は非常に大きいのです。

 

メンテナンス費用を嫌がってメンテナンスをしない人がいますが、機械にメンテナンスは必要です。
特に太陽光等屋外に設置をするようなシステムは尚更重要なのです。

 

売電制度によって概ね20年の使用により、太陽光発電設備の元手が回収出来たら、その後は全く純粋に利益を提供してくれるシステムですから、メンテナンスにかかる費用よりも動き続けてくれる事の方がより多くのメリットを使用者に与えてくれる訳ですから、やはりメンテナンスは非常に大事でしょう。


スポンサードリンク