太陽光発電の維持費・ランニングコスト

確実に安く導入する方法がわかります

太陽光発電の維持費はメンテナンス代だけ

太陽光発電を導入した場合の維持費について紹介したいと思います。
実質的には太陽光発電にかかる維持費はメンテナンス費用だけです。
では具体的にどんな内容なのでしょうか?そのランニングコストについて紹介していきましょう。

 

太陽光発電の維持費・ランニングコスト

基本的に太陽光発電は一度設置すると具体的に何かしなければならない事は何もありません。

以前にテレビでやっていましたが、黄砂の影響で太陽光パネルが汚れた為に、大変な労力を使って水で洗浄した結果、結局水垢が付着し、意味が無かったという事を放映していました。

 

実際にパネルはメンテナンスフリーで、多少、汚れで発電効率は減少しますが、90%を切らなければ問題はありません。又その様な気象環境の想定実験は何度も重ねられた上で現在の製品が作られているのです。

 

本当に維持費と呼べるのは定期メンテナンスに掛かる費用ぐらいでしょう。しかしながらそのメンテナンスすら費用の無駄として実施されない方が多いですが、10年辺りからその差は歴然としてきます。

 

太陽光発電はメンテナンスが必要!

 

車でさえ2年に1度はメンテナンスをするのですから、外部の気象に直接晒される事になる太陽光発電は必ずメンテナンスが必要です。家庭の中に設置する家電製品と同様に取り扱いを考えるのはやめた方が良いでしょう。

 

仮に全くメンテナンスを行わない場合、10年目を超えた辺りでパネル以外の機器は丸ごとの交換を迫られる事になるでしょう。その金額は購入時全体の3割以上になります。

 

太陽光発電の維持費・ランニングコスト

メンテナンスを実施していれば部品交換等の小さな出費で済むはずです。
この金額的な違いは非常に大きく、メンテナンスと維持経費の相対関係の特徴なのですが、時間が経つにつれて費用が掛かるという性質を持っています。

 

一般の家電製品の寿命は5年と言われており、その代りメンテナンスが必要ありません。しかしながら太陽光発電は20年以上の寿命を要求される品物です。

 

他に維持費が掛からない分、メンテナンスだけは割り切って費用を捻出すべきです。将来的には蓄電池性能が向上してきた場合に、現在の太陽光発電に蓄電設備がシステムに付加される可能性が高いのです。

 

太陽光発電の維持費・ランニングコスト

そうなれば太陽光発電は独立設備として、電力を恒久的に生産する設備になります。
恒久設備になった時に再度、メンテナンスの必要性が問われる事になるのは明白です。


スポンサードリンク