太陽光発電の初心者へのQ&A

確実に安く導入する方法がわかります

太陽光発電初心者のためのQ&A

 

太陽光発電の初心者へのQ&A

「太陽光発電に興味があるが、まだよく解らない」

 

・・・という方の為に、よくある質問別にQ&Aを紹介します。

 

 

 

 

Q:太陽光発電はどの様な仕組みで発電するのでしょうか?

 

A:太陽光発電は太陽光パネルで発電します。
皆さんもご存知ですが、太陽の光が当たると温かさを感じますよね?
これは太陽光の持つエネルギーが熱に変換された為に生じる現象なのです。
 太陽光発電では、太陽光パネルにシリコン半導体が貼り付けられています。そのシリコン半導体は太陽光の光を熱変換ではなく、+電子と-電子に分けて、それぞれ吸電する働きをしています。+電子が蓄電されたシリコン半導体と、-電子が蓄電されたシリコン半導体はパネルの背面に繋がった各々の電線を通じて集電されます。この集電された直流電気を交流電気に変換し、家庭の電力になる訳です。

 

 

 

 

Q:太陽光発電は人体等に悪影響はないのでしょうか?

 

A:太陽光発電について、よくあるのが『毒性のあるものが無いか?』 『電磁波があるのではないか?』…等の話がありますが、その様な事は誤認であり、一切ありません。
簡単に説明しますと、パネルの化合物や、素材に毒性のあるものは無く、アメリカでごく少量ですが一部薬品に毒性が認められる化合物を使用しているメーカーがありますが、国内では使用を認めていない薬品ですので、輸入はされません。
また、電磁波についてですが、太陽光発電は電気を発生する仕組みが、そもそも電磁波を使用していないので、電磁波なんて生まれようがありません。直流から交流に変換する場合でも、その際に出る電磁波は非常にごく少量で、車のスターターで発生するものよりも圧倒的に微弱なものであり、全く心配する必要はありません。

 

 

 

 

Q:台風や、地震の時に心配なのですが?

 

A;日本では、過去最大の台風時に発生した最大風速を上回る風速基準で家屋が建てられていますが、それと同じ基準で太陽光発電の設備は耐える仕様で設計されています。
ですので風で飛んでいく等の心配は全く要りません。
 地震発生時の問題ですが、あまり目立って周知されませんでしたが、先の東日本大震災で、太陽光発電や、EV=電気自動車が、ライフラインの寸断に対して非常に有効である事が再認識されました。ですのでむしろ地震には太陽光発電は非常に有効な設備となる可能性を持っています。

 

 

 

 

Q;太陽光発電の売電は保証されるのでしょうか?

 

A:現行の経産省の施策する再生可能エネルギー余剰電力買い取り制度では、売電契約を取り行った日から換算して10年間は同じ価格での電力買い取りを保証する事を約束しています。
 『10年後には買取が無くなってしまう』という事が懸念されていますが、現在と同様な価格での買い取りはあり得ないでしょうが、買電(現在は1kw辺り21円)と同じ価格での売電は継続すると見られていまので、まずは安心しても大丈夫でしょう。

 

 

 

 


スポンサードリンク