太陽光発電のシミュレーション

確実に安く導入する方法がわかります

太陽光発電を導入する前にシミュレーション

太陽光発電について、導入の為のシミュレーションを作成する場合に大事な要素、作成する手順に焦点を当てて、シミュレーションを考慮する場合、「どの様な観点で精査をするのが最も効率的か?」という事について紹介します。

 

出力と価格

まず、購入シミュレーションを考える場合に決めなければならないのは・・・

  1. 家屋の屋根形状と、広さによりますが、出力をいくらにするのか?
  2. 購入するメーカーに定めが無ければ、価格帯はどのくらいまでいけるのか?

を決定する必要があります。

 

それにより、補助金と売電の価格が決まりますので太陽光発電を導入するにあたっての収入が決定すると思います。

 

<屋根形状:参考例>

太陽光発電のシミュレーション

 

次に・・・

  • どのメーカーの太陽光発電設備を購入するのか?
  • その費用はいくらになりそうなのか?
  • メンテナンス等、保証契約をする為にかかる費用は総額でいくらなのか?
  • 先行き機器の交換や取り換えにかかる費用はどの程度なのか?

を総計して支出が決定すると思います。

 

 

 

太陽光発電のシミュレーション

これら2つの要素を総括し、太陽光発電設備導入による収支を決定すれば、購入時のシミュレーションが出来上がります。基本的には前述の通り、収入の部分は選定するメーカー等の要素に関係なく、出力が決まればある程度確定してきます。

 

従って…まずは収入を決定し、その後にメーカー等の選定に入るのが、堅く太陽光発電設備を選定するコツでしょう。

 

この場合・・・

  • 選定する機器の希望がある場合→収支がある程度、度外視される
  • 判断基準が収支にウエイトがある場合→当然ながら、メーカーの種別等で選定するのではなく、値段で選定する事になるでしょう。

 

更にその中でメンテナンスや、保証期間等の条件選定になり、最後にメーカーの好みという事になります。

 

相見積り

 

太陽光発電のシミュレーション

そこで、シミュレーションで策定した通りに初めて購入検討を始める訳ですが、ネット等の太陽光発電設備専門サイト等では最安値の会社を相見積もり(同じ条件で、複数業者に見積もりを出させ、価格を比較すること)によって選定してくれます。

 

その価格が予算内に収まるのであれば、それでいよいよ実行に移せばいいでしょう。出来ればシミュレーション考案の段階で、事前に専門サイト等に相談されて、策定のお手伝いをして貰った方がいいかもしれません。

 

専門サイトのスタッフで有れば、購入者の立場に立って不安な点や、疑問点等の部分を読み取り、適切なアドバイスをしてくれますから、一人で悩まず安心してシミュレーションを策定出来ると思います。

 

これらのサイトではうたい文句にもありますが、『お客様目線で御一緒に考えます』と書いてあります通り、独断でどんどん決める様な事はありません。
一度御相談になり、専門サイトのスタッフと2人3脚で、購入シミュレーションを策定されてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク