太陽光発電の見積の内訳

確実に安く導入する方法がわかります

太陽光発電の見積りの内訳

太陽光発電の見積の内訳

太陽光発電の導入を考える時に、
「業者から見積もりが来たけど見方が分からないので、高いか安いかが分からない」
という方は結構いると思います。
黙って高額な見積を出されても精査のしようが無ければ、仮に悪質な業者の場合に手も足も出ませんよね。

 

そうでなくても、見積書の見方を理解できている方も納得出来ます。
今回はその様な、見積書の見方が分からない方に、簡単な見積もりの内訳、相場やそれぞれの説明も含めた紹介をしていきます。

 

 

 

まず見積には大きく分けて機器費と工事費があります。

 

機器費

 

太陽光パネル、付属ケーブル類、接続箱、パワーコンディショナ、分電盤、モニター機器、売電メーター等があります。一式で書かれている場合はそれらの機器費の総計なので、内訳が知りたい場合はその旨を申告すれば内訳を出してくれるでしょう。

 

工事費

 

問題はここです。
機器費については大体相場価格というものがありますから、それから逸脱して大幅に値段が違うという事はまずありません。ところが工事費については素人目には判断のつかないものが多いので、精査がしにくい面があります。

 

参考までに、先ずは必要のありそうなものを書きあげていきます。

 

まず機器工事では太陽光パネル取付費、この取付費にはパネルを取り付ける為の金具の取付費が含まれています。次に付属ケーブル敷設費、この場合ケーブルを配管に挿入する場合は配管の工事費も計上されているでしょう。次にパワーコンディショナと接続箱の取付費、分電盤の取付費、それら機器間のケーブル敷設費、家屋のケーブルルートを確保する為の造作費、モニター設置費があります。

 

これ以外に目に見えない費用として補助金を申請するのであれば書類作成費、申請代行費等があります。売電メーターは基本的に電力会社が封印をしなければならないので、取付のみで、電線の接続は電力会社側でしか出来ません。基本的には以上の事柄で全て工事は行えます。

 

例外的にパネル設置個所が陸屋根の場合は、パネルに斜度を付ける為に架台費と取付費用が掛かってきます。

 

キヲツケテ!! 《工事費一式》

 

《例》

太陽光発電の見積の内訳

 

これらの工事費について、1つづつの精査をする事は素人では無理ですが、見積時に工事費一式と書かれていたら、「内訳を出して欲しい」と言う事は出来ます。
その内訳が出てこなければ、その見積は怪しい見積だと言わざるを得ません。
通常工事費というのはそれぞれの1作業の積み上げで見積が構成されているはずなので、内訳は出るはずです。

 

しかし、本来はちゃんとした見積を業者側が出してくれれば、この様な事は要求する必要もありません。
やはり見積を依頼する場合は信頼できる会社にお願いをするのが一番です。


スポンサードリンク