太陽光発電の今後について

確実に安く導入する方法がわかります

太陽光発電の今後

普及の広がりを見せつつある太陽光発電ですが、今後はどの様になっていくのでしょうか?
国内の太陽光発電事業の方向性と、現在開発が急がれているタイプ等の紹介をしていきます。

スマートグリッド?

経産省は現在、太陽光発電を含めたクリーンエネルギー政策を進めています。
その中心にあるのが・・・【スマートグリッド】です。
これは世界中で進められている電力網の構築なのですが、今迄の様に発電所から電力を作り、長い距離を経て大きい電力損失を伴ってあちこちでただ消費するのではありません。

 

 

【スマートグリッド概念図】

太陽光発電の今後について

『それぞれの場所で発電を行い、電力を融通し合う事で、損失を減らし効率的に電力を使おう、そしてその電力源は可能な限りクリーンエネルギーによって生み出そう』という新しい試みなのです。

 

 

その為には、現状の太陽光発電は夜間等、まだ電力会社の電力に依存している部分がありますので、完全な発電源としての機能を果たすまでには至っていません。EV(電気自動車)等の普及もこのスマートグリッドの普及度合いに掛かっているのです。

独立??

太陽光発電には【独立型太陽光発電】という名前のタイプがあります。
現在普及しつつある太陽光発電はそのタイプではありません。
では、独立方太陽光発電とは一体どの様なものなのでしょうか?

 

通常の場合
  • 太陽光発電は昼間の太陽光によって発電し、夜間は発電しません。昼間には非常に大量の電力を生産しますが、24時間不変の発電技術では無い訳です。昼間に余剰電力は電力会社の送電網へ解放されますが、夜間になるとその逆の事が起こります。

 

独立型の場合
  • 昼間に発生した電力を蓄電池で蓄電する事が出来、夜間はその蓄電電力を使用する事によって、永久に送電網を使わずに自力で電力供給が出来るのです。これが実用レベルになれば、電力消費のあり方に画期的な変化がもたらされるので、その技術開発が期待されています。

 

これらの理由から、現在太陽光発電事業で最も開発が急がれているのが蓄電池技術です。蓄電池技術の向上によっては雨等の天候や、夜間の問題は解消され、太陽光は永久駆動機関として存在できるようになります。

 

現在国内では蓄電池開発はかなりのレベルに進んでおり、近い内にバッテリー機能を持った太陽光発電設備が開発されるでしょうし、現行の太陽光発電にも機能付加される事は確実でしょう。

 

これを購入側の損得で考えると、
「売電価格の高い今の内に機器を購入し、バッテリー機能が付加されるのを待つ」
というのが一番賢い購入の仕方である事は間違いありません。

 

【独立型太陽光発電の概念図】

太陽光発電の今後について


スポンサードリンク