激安の太陽光発電の価格は?

確実に安く導入する方法がわかります

太陽光発電の激安価格はいくら?

太陽光発電の価格は購入者にとっては気になる所です。最近は激安で取り扱う店舗も見受けられるようになりました。その激安についての実態の価格帯や、激安なのにはどんな理由があるのか等を検証していきましょう。

 

通常、太陽光発電の相場は1kw辺り40万円前後が相場と言われていますが、
最近の激安価格は30万円台といった品物も出回っています。太陽光発電設備の価格は現在少しずつ下落方向に向かっていますが、この価格は非常に安い価格です。
・・・と、なると・・・

激安製品は本当にお買い得なのでしょうか?

 

現在、太陽光パネルを生産するメーカーは国内メーカーだけではなく、外資系のメーカーも参入しています。
また、太陽光パネルを安い化合物素材で製作、販売するメーカーも出てきました。
これらの新参メーカーが価格破壊に近い値段構成をしているのが、激安価格の太陽光パネルが出回っていると言われる原因です。

 

その他のメーカーは同じ店舗で、やはり40万円前後の価格を付けています。
当然、価格下落の影響で安くなってはいますが、前述したメーカー程ではなさそうです。
では・・・

激安のメーカーは本当にお得なのでしょうか?

 

古参で数十年の歴史を持つメーカー群や、重電メーカーはあまり安売りをしていないようです。
これはメーカーブランドというのもあるでしょうが、品質に対する考え方が少し外資系メーカーとは異なる様です。

 

20年というのが太陽光発電の寿命の1つの節となっていますが、国内の前述したメーカーは、保証は他社と同じですが、実質的な耐用年数は20年以上の品物を作っている様です。

  • 重電メーカーは、電力部門を他部門で持っており、豊富な経験がある事。
  • 古参メーカーは、実際の太陽光発電機器に関するデータを持っている事が強みであり、あえて安売りはしない姿勢なのでしょう。
  • これに対し外資系メーカーは、特に中国のメーカーは価格を下げて売っています。経歴も浅いですから、安さに売って出る戦力なのでしょう。
  • 一部石油会社の資本を受けたメーカーは、安く生産できる化学化合物を使用したパネルを使って販売しています。石油会社なだけに化学素材の研究で有利な分、化合物パネルとは相性がいいのでしょう。

 

しかしながら、外資系メーカーや石油会社系のメーカーに共通する事ですが、メーカーとしての経験値では他の国内メーカーに劣ります。これらのメーカーのパネル等の耐用性はまだ未知数でしょう。

 

よって・・・
結論としては現実的には値段をとるか、ブランドの安心感をとるかという選択肢で有る様です。

激安の太陽光発電の価格は?


スポンサードリンク