太陽光発電メーカーの特徴やメリット

確実に安く導入する方法がわかります

各メーカーの特徴

太陽光発電設備のメーカーは国内市場で沢山のメーカーがあります。

  • 国内メーカー
  • 外資系メーカー
  • 新規参入メーカー等様々なメーカーが参入しています。

今回はこれらのメーカーの特徴やメンテナンス・デメリットなどを紹介しましょう。

まずこの業界でも老舗なのが京セラ、サンヨー(パナソニック)、シャープの3メーカーです。
この3社は1970年代から太陽光発電事業を実施しています。
この3社は太陽光パネルに多結晶シリコン半導体を使用しています。このパネルは製造単価が高いのですが、発電効率が高いのが特徴です。

 

京セラ

メンテナンスやサービスに非常に力を入れています。

太陽光パネル形状の自由度が一番高いのも特徴で、日本の家屋にマッチングしています。

 

サンヨー

太陽光パネルが高品質であると言う事に定評を得ています。

最近パナソニックと合併した為に、他のパナソニック家電製品は、太陽光パネルとコラボレートした製品開発を行っていく計画が発表されています。

 

シャープ

太陽光パネルに定評があります。

 

この3社については実績や品質に於いては他社の製品から頭一つ抜けている感じでしょう。

 

次に、重電メーカーですが、三菱と東芝があります。
この2社は、元々電力部門が専門分野の為、電力製品の製作には定評があります。
特にパワーコンディショナ等、回路製品には絶対の自信を持っています。

 

太陽光パネルは、三菱は自社製品ですが、東芝はアメリカのメーカーのパネルを使用しています。
2社共に、新規参入ですので、レベルは未知数ですが、製品の安定性や品質では安心して購入できる部分があります。

 

次に外資系メーカーです。
中国が本社のサンテックパワー、カナダが本社のカナディアンソーラーの2社です。
この外資系2社は共に単結晶太陽光パネルを採用しています。

 

多結晶パネルと比較して、発電効率は劣りますが、安価に生産が可能です。
価格を見て見ると、やはり安さが目立っていますが、品質についてはやはり日本メーカーでしょう。

 

CICは長州産業という太陽光の老舗国内メーカーですが、サンヨーのブランド提供も行っています。

 

太陽光パネルについて新しい試みを行っているのがソーラーフロンティアです。

 

ここは昭和シェル石油が資本元であり、化学化合物の太陽光パネルを採用しています。発電効率は他のシリコン半導体と比較して低いのですが、安価に生産出来るのが特徴です。

 


スポンサードリンク